板バネ活用事例

メモクリップ

手帳クリップ (2-1)_R3
【 DATA 】
材質:SUS304CSP-3/4H(オーステナイト系ステンレス)
板厚:0.8mm
加工:プレス、バレル研磨

手帳などを挟みこんで使用できるクリップです。
クリップの隙間にボールペンも取り付けることができます。
写真はバリ除去処理のみを施した状態ですが、追加で表面処理を実施することで見栄えも変更が可能です。

左図をクリック頂ければ拡大されます。

コードクリップ

コードクリップ (1)
コードクリップ (2)
【 DATA 】
材質:DP-2(複相系ステンレス)
板厚:0.8mm
加工:プレス

適度な高強度と加工性・耐食性を持ったDP-2を用いて加工しております。
口部分が丸みを帯びている為、取材・取外しの際にコードを傷つけることもございません。

サンレビー クリップ

サンレビークリップ (1)
サンレビークリップ (2)
【 DATA 】
材質:HT1770(折出硬化型ステンレス)
板厚:0.6mm
加工:プレス、時効処理(折出効果処理)

日除けのシェードに使用するクリップです。
HT1770材は加工性が良い上に優れたバネ性を持っている為、製品が小さくともバネ性を発揮することができます。
樹脂部品と組み合わせることで、より良いクリップ感でシェードに取付ける事が出来、外れにくくなっております。

スポンジキャッチャー

スポンジキャッチャー
スポンジキャッチャー (2)
【 DATA 】
材質:SUS304CSP-1/2H(オーステナイト系ステンレス)
板厚:0.35mm
加工:プレス、表面処理(塗装)

爪部分にスポンジを引っかけて、水切りする商品です。
製品を曲げてもひび割れにくい塗料を使用しておりますので、自在に曲げて使用頂くことが可能です。

引戸ソフトクローズ機構

引戸ソフトクローズ機構
【 DATA 】
材質:本体のカバーは、SGCC(溶融亜鉛鍍金鋼板)、板バネは、HT1770(折出硬化型ステンレス)
板厚:本体のカバーは1.0mm、板バネは0.6mm
加工:プレス、板バネの時効処理(折出硬化処理)、組立

引戸扉をソフトに閉める事が可能になる機構部品です。
音鳴り防止、指詰め防止の対策にも役立っております。
立ち上げからお客様と共同開発させて頂き、社内プレス・組立部品仕入れ・組立まで弊社にて一貫して対応しております。
弊社ではお客様の新規開発案件にも積極的にご協力させていただきます。

左図をクリック頂ければ拡大されます。

ワイパーブレード

ワイパーブレード (1)
ワイパーブレード (2)
【 DATA 】
材質:SUS304CSP-H(オーステナイト系ステンレス)
板厚:0.8mm
加工:プレス、カシメ

自動車などに使われるワイパーの芯となる板バネ製品です。
ステンレスの異形線を使って、ケガキ線の加工・先端の抜き加工・切り落とし加工を1つの金型でプレス加工しております。
プレス加工後は製品を2本ずつ、抜き加工した先端に金具をカシメして1本に束ねております。

ウェーブワッシャー

ウェーブワッシャー (1)
ウェーブワッシャー (2)
【 DATA 】
材質:SK85(炭素工具鋼)
板厚:0.8mm
加工:レーザー加工、ベンダー曲げ、熱処理、表面処理(三価クロメート処理とベーキング処理)

波打った形状のワッシャーで、ウェーブワッシャーと呼ばれます。
弊社では製品の数量・形状に合わせた加工方法をご提案させて頂きます。

クイックファスナー(展示会出展時)

クイックファスナー品番なし_R
%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%82%aa%e3%83%96%e3%82%b8%e3%82%a7-2
【 DATA 】
材質:DP-2(複相系ステンレス)
板厚:0.8mm
加工:プレス

配管同士をワンタッチで、パチッと固定する為の板バネです。
ボルト使用時と比べて格段に施工性が良いことが主なメリットになります。
写真は第19回関西機械要素技術展(M-Trch関西)にて社内製作オブジェと共に出展させて頂いた際のものです。

リボン鋼の幅材加工

%e3%83%aa%e3%83%9c%e3%83%b3%e9%8b%bc%e3%81%ae%e5%b9%85%e6%9d%90%e5%8a%a0%e5%b7%a5-1
%e3%83%aa%e3%83%9c%e3%83%b3%e9%8b%bc%e3%81%ae%e5%b9%85%e6%9d%90%e5%8a%a0%e5%b7%a5-2
【 DATA 】
材質:リボン鋼
板厚:0.3mm
加工:プレス、クリアー塗装

医療関連部品の加工事例で、尿検査に使用される製品です。
製品幅2mmに合わせた焼き入れリボン鋼を仕入れて、加工後にクリア塗装を施しております。
焼き入れリボン鋼は材料の時点で熱処理が施してあるため、プレス加工後の製品に対して熱処理を実施する必要がなく、工程削減が期待できます。
ですが、既に熱処理されているので硬度が高く、加工難度が高い材料になります。

板バネの溶接

板バネの溶接 (1)
板バネの溶接 (2)
【 DATA 】

材質:本体は、SUS304 2B(オーステナイト系ステンレス)
板バネは、SUS304CSP-H(オーステナイト系ステンレス)
板厚:本体は、1.2mm
板バネは、0.8mm
加工:プレス、溶接、酸洗い処理、板バネへのマーキング処理

ホースバンドのように使う板バネ製品で、ステンレス材同士を一部溶接しております。
ステンレス材の種類によって溶接特性も異なる為、溶接の対応は簡単ではございません。
また、溶接後の製品には焼け跡が残りますので、酸洗い処理を実施することで焼け跡を除去しております。