板バネ活用事例

ページ1/2/3/4/5/6

LEDダウンライト用板バネ

LEDダウンライト用板バネ
【 DATA 】
材質:HT1770(析出硬化型ステンレス)
板厚:0.4mm
加工:プレス、時効処理(析出硬化処理)

LEDダウンライトにも板バネを使用した製品が使われています。天井に取り付けるダウンライトは、施工が高所作業になるため危険ですが、従来の作業は片手でダウンライトを持ち、もう片方の手でネジ止めするなど、両手で作業をする必要がありました。
そこで、弊社では片手で取付可能な板バネを開発しました。板バネをダウンライト本体にセットしたまま、天井に取り付けが可能です。安全性・施工性が向上致しました。バネ特性の高いHT1770材によって、この板バネが実現できました。

左図をクリック頂ければ拡大されます。

HT1770材のカール曲げ

1528330340062
【 DATA 】
材質:HT1770(析出硬化型ステンレス)
板厚:0.3mm
加工:レーザー加工、ベンダー曲げ、時効処理(真空析出硬化処理)

この板バネ製品は優れたバネ性が必要で、SUS301CSP-EHの強度が要求されます。SUS301CSP-EHでは素材硬度が高く、カール曲げ加工にかなりの時間を要します。HT1770材は成形加工性・打ち抜き加工性に優れているため、カール曲げ加工も短時間で対応することが可能です。

SUSバネ材への電着塗装

SUSバネ材 電着塗装 (1)
SUSバネ材 電着塗装 (2)
【 DATA 】
材質:SUS301CSP-3/4H(オーステナイト系ステンレス)
板厚:0.3mm
加工:プレス、カチオン電着塗装

電着塗装は、導電性のある水溶性塗料に製品を浸漬させ、電流を流すことで被膜形成する塗装です。複雑な形状でも塗り残しなく均一で、化学反応による塗装なので強固に密着し、塗膜は耐食性に優れます。

クイックファスナー

クイックファスナー (1)
クイックファスナー (2)
【 DATA 】
材質:DP-2(高強度複相組織ステンレス)
板厚:0.8mm
加工:プレス

パイプ管を固定する板バネに、トータルコストダウンを目的としてDP-2(複相系ステンレス)を使用しております。外径寸法の異なる管同士を固定しており、相手物の外径に合わせた設計・製作をさせて頂きます。

照明用板バネ

高強度SUS鋼の曲げ加工
【 DATA 】
材質:HT1770(析出硬化型ステンレス)
板厚:0.5mm
加工:プレス、時効処理(析出硬化処理)

従来からあるSUS301CSP材やSUS304CSP材では実現できなかった形状が、HT1770材を使うことにより高強度で優れたバネ特性を持った製品が実現できました。

高強度SUS鋼をカシメ加工

高強度SUS鋼をカシメ加工 (1)
高強度SUS鋼をカシメ加工 (2)
【 DATA 】
材質:本体は、SPG(溶融亜鉛鍍金鋼板)
板バネは、HT1770(析出硬化型ステンレス)
板厚:本体は、1.0mm
板バネは、0.6mm
加工:プレス、板バネの時効処理(析出硬化処理)、カシメ

板バネを溶融亜鉛鍍金鋼板の相手物へカシメ加工しております。
高いバネ性が必要な部分だけを、NSS HT1770(日鉄ステンレス製の高強度SUS鋼)で加工しております。

六価クロメート(亜鉛メッキ)処理

六価クロメート処理
【 DATA 】
材質:SK85(炭素工具鋼)
板厚:0.6mm
加工:プレス、表面処理(テンパー処理、六価クロメート処理、ベーキング処理)

SK材を外形抜き・絞り曲げ加工した後に六価クロメート処理を施している製品です。

SK材 ヘミング加工

SK材 ヘミング加工 (1)
SK材 ヘミング加工 (2)
【 DATA 】

材質:SK85
板厚:0.5mm
加工:プレス加工


SK材を外形抜き・絞り曲げ・ヘミング加工をしています。
クラックが入らない様、金型を工夫しております。

SK材(特殊鋼)

SK材(特殊鋼) (1)
SK材(特殊鋼) (2)
【 DATA 】

材質:SK85
板厚:0.5mm
加工:SK材を外形抜き・絞り曲げの加工後、オーステンパ処理を施しております。


熱処理を行うこうとにより、写真の様に変色致しますが、バネ性が生まれます。後処理に鍍金等の防錆処理をお薦め致します。

NSS HT1770加工事例

NSS HT1770加工事例
【 DATA 】

材質:HT1770(析出硬化型ステンレス)


板厚:0.12~1.0mm


加工:プレス、時効処理(析出硬化処理)


 


日鉄ステンレスの独自鋼種である、NSS HT1770と呼ばれる高強度SUS鋼を使用している板バネです。


当材料は時効処理により高いバネ性を有する為、強度と成形性を兼ね備えております。(時効処理前の硬度が低い状態では加工性が良く、時効処理後は大きく硬度が上がります)


時効処理後の製品は銅のような色味を帯びているのも特徴です。