板バネ活用事例

押さえバネ

押さえバネ
【 DATA 】

材質:純ニッケル材
板厚:t=0.1
加工:プレス、整列梱包

過酷な環境に対して優れた耐腐食性を持つ純ニッケルを用いた加工事例となります。                                   同製品加工時に手袋装着やプレス油を使用しない等、使用する材料や用途によって不具合がないよう、ベストな対応を常に心掛けています。

単発曲げ加工

単発曲げ加工 (1)-2
単発曲げ加工 (2)-2
【 DATA 】

材質:SK85 (炭素工具鋼)
板厚:t=1.6
加工:プレス(単発3工程)、バレル研磨、熱処理、黒染め処理

弊社は順送プレス加工での対応を得意としておりますが、ロットが少ない製品や順送プレス加工で不向きな形状の製品に関して、単発プレスでの対応をご提案させて頂くことも可能です。
こちらの製品に対しては3工程かけて単発プレス加工を実施しており、内径の真円度を出すために、1回目の曲げでウェーブ状に曲げ、2回目の曲げで奇麗なリング状に成形しております。

絞り曲げ

絞り曲げ (1)
絞り曲げ (2)
【 DATA 】

材質:SUS304 2B(オーステナイト系ステンレス)
板厚:1.0mm
加工:プレス、バレル研磨

こちらの製品の側面には絞り曲げ加工を実施しております。
絞り曲げは金型に材料が焼き付きやすい為、難しい加工ですが金型に特殊なコーティングを施し、焼き付きが発生しづらくなるよう工夫しております。

薄い板バネの加工

薄い板バネの加工
【 DATA 】

材質:SUS301CSP-EH(オーステナイト系ステンレス)
板厚:0.13mm
加工:プレス

板厚0.13mmと薄いステンレス材を順送金型で加工しております。
バーリング部分は板厚込みで高さ0.8mm程度あり、加工時に割れが発生しないように成形方法を工夫しております。

小さい板バネ製品

小さい板バネ製品
【 DATA 】

材質:SUS301CSP-3/4H(オーステナイト系ステンレス)
板厚:0.3mm
加工:プレス

高さ7mm、板幅4mmほどの小さい板バネ製品です。
両側に1.5mm程度の切り曲げもあり、加工が難しい形状ではありますが、弊社では順送金型で加工しております。
マッチングの大きさにも注意して対応しております。

高耐食溶融めっき鋼板での製品加工

高耐食溶融めっき鋼板での製品加工
【 DATA 】

材質:ZAM(高耐食溶融めっき鋼板)
板厚:1.6mm
加工:プレス

大きさ30mm程度の製品で、ZAM(日本製鉄製の高耐食溶融めっき鋼板)を使用してプレス加工しております。
この材料は一般的な溶融めっき鋼板と比較して加工性が良く、端面への伸びが良い為、板厚の厚い製品にも適しております。
また、めっき層から溶け出した保護被膜が加工断面を覆うため、優れた耐食性を有しております。
後加工で表面処理が不要なため、トータルでのコストダウンも期待できます。

プレス加工品のバリ対策

P1170675
【 DATA 】

材質:SUS304 2B(オーステナイト系ステンレス)
板厚:1.0mm
加工:プレス、バレル研磨


ステンレス材の中でも調質圧延を施した2B材をプレス加工後、バレル研磨にてバリを除去した製品です。
通常のバレル研磨では変形のおそれがある為、メディア(研磨石・研磨剤)の量や処理時間を調整することで変形が発生しにくいように工夫しております。

極小部品へのメッキ処理

極小部品へのメッキ処理
【 DATA 】

材質:C1100P(タフピッチ銅)
板厚:0.3mm
加工:プレス、金メッキ(封孔処理込み)

大きさ10mm程の非常に小さな製品です。加工性、耐食性に優れたタフピッチ銅を使用しております。
コストを合わせる為にメッキはバレル処理で行う必要があり、製品に変形が発生しないようノウハウを活かしてメッキ処理しております。

リン青銅への絶縁処理

リン青銅への絶縁処理 (1)
リン青銅への絶縁処理 (2)
【 DATA 】

材質:C5210-H(バネ用リン青銅)
板厚:0.2mm
加工:レーザー、汎用型曲げ、ニッケルメッキ、絶縁処理

リン青銅にニッケルメッキを処理し、さらにその上から絶縁コーティングを施した製品です。
製品の薄黄土色の部分が絶縁処理されており、対電圧試験100V(被覆部をクリッピングして測定)にも合格しております。

ステンレスのバレル研磨

ステンレスのバレル研磨
【 DATA 】

材質:SUS301CSP-3/4H(オーステナイト系ステンレス)
板厚:0.8mm
加工:プレス、バレル研磨

製品を加工後、バリを除去するためにバレル研磨処理をした製品です。
見栄えを良くするために、バレル研磨で光沢を出すことも可能です。
板厚が0.8mmあるステンレス材であっても、バレル研磨時に多少の変形が発生し、寸法が安定しないことがあるため
弊社ではノウハウを駆使して品質安定に努めております。