板バネ活用事例

バネ用ステンレス鋼の硬度規格について

バネ用ステンレス鋼 硬度規格
【 DATA 】

ステンレス鋼の中でも弊社が最もよく取り扱うSUS301CSPとSUS304CSPの硬度規格です。
硬度は材料の厚さによっても変動する為、あくまで参考値となります。
グレードが高いほどバネ性や硬さに優れますが、同時に加工が難しくなります。
製品の用途、コストに合わせて材質、グレードを選定すると有効的です。

ステンレスのテーパー加工

ステンレスのテーパー加工
【 DATA 】

板厚0.5mmのステンレス鋼(SUS304 3/4H)の端面を斜めに削り、勾配をつけたものです。
プレスによるツブシ加工では勾配をつけれらない場合、このような加工を実施しております。


 

NSS DP-2加工事例

NSS DP-2加工事例
【 DATA 】

日新製鋼製の強度・延性バランスに優れたSUS鋼である、NSS DP-2の加工事例です。
時効硬化処理が不要で、耐食性・引張り強さに優れております。
SUS301や304と比較してニッケルの含有量が少ない為、コストダウンが期待できます。

ゼンマイバネを利用した製品

ゼンマイバネを利用した製品
エキスパンドベルト
【 DATA 】

商品名は「エキスパンドベルト」、様々な用途に使えるベルト式のパーティションです。
頑丈、軽量で相手物を選ばずに使用できます。
内部に入っているゼンマイバネでベルトを巻き取る仕組みになっております。

円錐バネ

タケノコバネ
【 DATA 】

「たけのこバネ」や「テーパーバネ」とも呼ばれています。
通常の圧縮バネではスペースが足りない、大きなたわみが必要、といった時に使用すると効果的です。

ゼンマイバネ

ゼンマイバネ
【 DATA 】

小型のゼンマイバネです。大型のものやS型も対応可能です。
引き戸の開閉部材や小型柵線などに使用頂いております。

複数の加工方法(ロックバネの場合)

複数の加工方法(ロックバネの場合)
【 DATA 】

ロックバネという、パイプとパイプを繋ぐ製品は大きく2種類の加工方法がございます。
ピンをカシメているもの(右側の2個)と、絞り加工で成形しているもの(左側の1個)があり、費用や用途に合わせた加工方法を提案させて頂いております。

ロックバネ

ロックバネ
【 DATA 】

工事現場の足場や高枝切りバサミ、雪かきスコップなど、パイプとパイプを繋ぐ方法として板バネを使用されております。
パイプ径は様々ですので、それぞれのサイズに合わせた設計をさせて頂きます。


左図をクリック頂ければ拡大されます。

線バネのご提案

線細工の製品
【 DATA 】
線径Φ1.5のステンレス線を加工しております。
線バネでも対応可能ですが、線バネであれば金型を起こさない形で製作可能であった為、線バネにて形状を考え設計・提案致しました。
ヒーターの銅配管を固定する製品であり、お客様の現場でも作業効率が格段にupしたとご好評頂いております。

薄い板バネの加工

薄い板バネの加工
【 DATA 】
板厚0.13mmと薄いステンレス材を加工しております。
バーリング部分に割れが発生しないよう加工方法を工夫しております。